F SPIRIT

アクセスカウンタ

zoom RSS 緊張する試合が続く中で

<<   作成日時 : 2012/09/10 18:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

吉川、ウルフ、中村勝が登板するカードは・・・各々、絶好調なので勝ちが計算でき、スイープも狙える状態だと思うのですが・・・ただし、打線の援護がないとねぇm(^^;

【9月9日】Bs0−F2(京セラドーム大阪)

これまで防御率が0点台と驚異的な投球を続けている若い方の勝君、この日は打線の援護があって勝つ事が出来ました(^^)v
ただ、スミ2でしたけど・・・(^_^;

打線が湿っている今は、とにかく相手に流れを渡さない投球で先発が踏ん張るしかないですよね。
この試合は、それができたからブルペン陣も安定的な投球で繋ぐ事が出来・・・シャットアウト勝ちに繋がったのではないでしょうか。
勝君の前回の登板もそんな感じでしたよね、確か。
吉川もそんな感じ。

しかし、先発で投げているとピンチは3度あると言われているけど・・・そこで相手に流れを持って行かれないようにするのは、相当の体力と精神力が必要かと思います。
それから重要なのは、守備でのミスがないことでしょうか。
ちょっとしたミスから流れがあっさりと相手に行ってしまう事はよくある事ですよね。
最近はベテラン選手の守りのミスが出てきているように思いますが・・・これは体力的にかなりキツイ状態になっている事の表れかと思います。
ベテランであれば身体のどこかに問題を抱えながら踏ん張っているわけで・・・そこを気遣って休ませながら使っていく事がベンチワークに求められるのでしょうね。
今のファイターズは、若手の野手陣が競争しながら頑張っているので、彼らとベテラン選手とをいかにして使い分けながら起用していくのかという・・・これまたベンチワークが重要ですよね。

そんなことで監督は相当神経を使って采配しているんじゃないでしょうかね。
選手達も大変でしょうが、監督も又、いやそれ以上に神経をすり減らしながら闘っているのでしょうね。
思い通りに行かない事も多々あるでしょうが・・・結果が出なければ「クソ采配」などと罵倒される事もあるようですね(^_^;
そういう辛い立場にいるのが監督なのでしょうが、それでも自分の采配がうまくいって結果を出したときの快感がそれを凌駕するのでしょうね(^^)

ま、自分たちの仕事でも、管理職としての立場にいれば、監督の気持ちが少しはわかるのではないでしょうか。
σ(^^)はそういう目線で監督を見ていくことにしているので・・・監督を罵倒する気持ちにはなれませんね(^^)
しかし、σ(^^)達にとっては娯楽の一つですから・・・そんなところに仕事目線を持ち込む気にはなれないというのも否定できませんけどね(^^ゞ
監督や選手に対して「なにやってんだ、バカ」と当たるのも日々のストレス解消にとっては有りなのかなとも思いますけどねm(^^;

でもσ(^^)は・・・それができないんです(^_^;・・・これも又一つの見方でしょうね
だから罵倒する事についてもそれも一つの見方として容認しますが・・・球場で試合観戦中に側で聴くのは気分が良くないのも事実です。

これからは最終段階なのでヒートアップする場面が多いでしょうが・・・余りカリカリしないでこの緊張感を楽しんでいきたいですね(^^)
こういう緊張感を体験できるチームを応援している事のありがたさを噛みしめながらね(^^)v



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊張する試合が続く中で F SPIRIT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる