F SPIRIT

アクセスカウンタ

zoom RSS ファイターズの逆襲 第一章:第二話 貫禄の完勝

<<   作成日時 : 2008/10/13 01:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

【10月12日】クライマックスシリーズ・パ1st/Bs2−F7(京セラドーム大阪)

第1戦のエントリーではかなり意気揚々となっていたが・・・何と稲葉が軽い肉離れの疑いで戦線離脱というとんでもないアクシデントに襲われた(__;)
何となく気分が落ち込み気味で第2戦を迎えることになってしまった。
一夜にして株価が急降下したみたいな感じで・・・(__;)

しかし、稲葉の代役といっては何だけど・・・ここは坪井に頑張ってもらうしかないなぁ。
そんなことで、3番に入った賢介とスタメンに起用された坪井のに期待するしかない。

しかし、稲葉という大黒柱が抜けたことによって、逆にチームは結束し、繋ぎに徹しての総力戦で・・・終わってみれば13安打7得点という結果に.。ooO(゚ペ/)/
ま、シーズン中も故障者続出した中で何とか乗り切ってきたと言うことを考えれば・・・確かにこういうアクシデントには慣れていたと言えるかも知れないけど・・・それはあくまでも結果が良かったから言えることであって・・・試合序盤はハラハラしていた(^_^;
・・・ところが、2回に2死からコヤーノがヒット、坪井が二塁打、ジェイソンが四球を選んで満塁に。
で、美味しい場面での会長に期待するのだけど・・・あらら、セカンドフライ(^_^;・・・と思ったら、セカンド一輝の前にポトリと落ち、何と内野安打になっちゃって・・・2者ホームインで喉から手が出るほど欲しい先制点をあっさりとゲットしちゃったよ.。ooO(゚ペ/)/
これで重く沈んでいた気分が一挙に弾けちゃいましたm(^^;
何というか・・・オリさん、やはり第1戦でのイヤーーーなムードが焦りとなって出てしまったのか・・・第1戦でかましたジャブが効いてきたという感じでしたね(^^)
先発藤井はとにかく多彩な攻めの投球で・・・まさしく大舞台を経験している巧者の投球だったんじゃないかなと思います。
先制点をあげた直後の2回裏、続く3回も3者凡退に斬ってとり、実に安定した状態でした。
しかし、4回に先頭打者に四球を出して・・・ちょっとイヤな感じになったと思ったら・・・眠らせておいたローズにタイムリーを打たれて1点返されてしまった(^_^;
表の攻撃でチャンスを潰した後の失点だったので、これは流れがあっちに行きそうな感じで心配になったが、それでもここは踏ん張って1点に抑えたことによって一息つけました。
そんなイヤな流れになりかけた直後の5回表に・・・1死満塁から何と今度は後藤の信じられないようなエラーで1点追加\(^o^)/
この追加点は大きかった。
それでも、得点を挙げた直後の相手に返されることがあるので、まだまだ安心できなかったけど・・・そんな心配をよそに藤井はきっちりと三者凡退にとり、これによって流れを相手に渡さなかった。
ここら辺で何か勝ちそうな気がしてきました(^^)
何しろ藤井はここまで四球は1個しか出しておらず、何とヒットも1本しか打たれていないという最高のピッチング。
球数が60球程度でしたから・・・いかにオリ打線を翻弄していたかということが見て取れます。
やっぱ、スワローズ時代に日本シリーズで投げた経験がこういう場面で発揮されるんですね。

そんなことを思っているうちに7回の攻撃で4点追加.。ooO(゚ペ/)/
実は・・・σ(^^)は5回裏が終了した時点で、TVを見ることの出来ない場所に移動しちゃったものですから・・・この7回の攻撃は、後でケータイサイトで知ったものでした。
いやぁ、こんな美味しい場面を見ることが出来無くって残念でした(^^ゞ
ま、自宅で録画していたので今度時間があるときに観たいと思っています。

この試合、賢介、コヤーノ、坪井、ジェイソンが猛打賞だったんですね。
特に坪井は4の4。札幌ドームの試合から一軍に復帰して以来当たりまくっていますよね。
坪井が戻ってきてからチーム全体の雰囲気が凄く良い感じだし、坪井の表情も生き生きとしていますよね。
そんな姿を見ていると・・・胸にこみ上げるものがあります。
CS前に来期も引き続き残ることが決まったことも、こうした活躍に反映しているのでしょうか。
更に、ジェイソンが特大ホームランでとどめを刺すなんて・・・あぁ、もう嬉しくて嬉しくて堪りませんよ(^^)
何か、ここにきてようやく・・・こうなったら良いなぁと思っていた打線になってきた感じですね。

そんなことで、ファイターズとしてはこれ以上ないほどの勝ち方で・・・皆がとても輝いて見えます。
やはりポストシーズン慣れしていることが大きな自信となって作用しているんでしょうね。
ホントに逞しいチームになりましたね(^^)v
稲葉の故障で暗澹たる気分になっていましたが・・・それを逆にチームの結束力にかえ、一人一人が己の役割をしっかりと果たすことがこのような圧倒的な勝利に繋がったことが、その逞しさを一層感じました。

まあそれにしても、オリさんも若い投手が台頭してきて、強いチームになりましたね。
最下位からここまできたのは凄いことですよ。
来年はますますパ・リーグは混戦になりそうですね。

さあ、これでクライマックスシリーズ・パ2nd進出が決定し、まだまだファイターズの試合が楽しめることになりました(^^)
2ndは優勝慣れしているライオンズが相手ですが・・・ウチの勢いが、まだまだ続くことを期待しています。



※ 実際にこの記事をUPしたのは、10月16日で・・・もう試合が行われてからかなり日にちがたっていますが(^_^;・・・しばらくネットに繋がらない環境にいました(^_^;
しかし、この記事の内容については試合直後に書いたものをUPしたものです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プレーオフパ第1ROUND?☆どいつもこいつも・゚・(ノд`)・゚・
娘が父ちゃんと楽しそうに戯れている間にチャチャッと更新。どいつもこいつも糸井のあのプレーが云々言うけど、あれはどう見たって一輝が暴走したからあんな結果になったんだろ???勝ったのに凄いイライラする(#゚Д゚)ゴルァ!! ...続きを見る
ふーにっき
2008/10/16 21:38
10/12 CS第1ステージ オリックス:第2戦
かなり遅れた更新ですが・・・第2ステージ進出決定!◆CS第1st オリックス:第2戦−2勝0敗 (京セラドーム:26,703人)【投手成績】 日本ハム  ○藤井(1勝0敗)−建山−マイケル オリックス  ●小松(0勝1敗)−菊地原−岸田−川越−吉野−加藤【本塁打】 日本ハム  ボッツ1号2ラン(7回表・川越)試合詳細 → ニッカン式スコア藤井が大舞台で最高のピッチングを見せてくれました。バックもしっかりと守りました。打線は相手のミスから得点を重ね、7回には集中打で突き放しました。・・・なんていい... ...続きを見る
はむ魂!
2008/10/16 22:21
【Fs試合短信】CS第1ステージ・対ウミウシ2回戦(10/12)
藤井渾身の投球! ミスに付け込む猛攻! ファイターズの野球で第1関門突破、舞台は大宮・所沢へ!! ...続きを見る
にわか日ハムファンのブログ
2008/10/17 08:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファイターズの逆襲 第一章:第二話 貫禄の完勝 F SPIRIT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる